バラの女王

数日間那須の別荘に滞在。
出掛けにたっぷり水やりをしましたが、連日の暑さで気が気ではなく、とにかく日のあるうちにと慌てて帰宅。
バラは枯れ果てているのでは、と悲壮な気持ちでしたが意外と元気。

「バラの女王」は名前が判らないので勝手にそう名付けているのですが、留守の間に花を付けていました。
隣のピエールドゥロンサールに負けじとハイブリッドティーなのに天を突くかの如く伸びた先端に咲いたので、枝ごとかなりカットしました。
お利口さんなので、挿し木にしようと思います。

20200807_143112-s