フランボワーズ・バニーユ

以前の投稿で東側の日差しをより多く受けようと、黄色いカジノと高さを競いあっているフランボワーズ・バニーユのことをお伝えしましたが、バニーユさん、いよいよ勝負を仕掛けました!!

オベリスクから離れて自らアーチ状になり、勝利の笑みならぬ勝利の開花。
一昨年は葉っぱばかり茂って花は付けず、昨年は小さな花が数輪。
「これってこんなもんなの!?」とちょっぴり期待外れ感で世話をしていましたが、その間も意に沿わないオベリスクに仕立てられながら虎視眈々とチャンスを伺っていたのはさすがです。
出遅れたカジノも慌ててオベリスクから離れ、バニーユが花の重みで弓なりになるなか、S字状になってサッサと蕾を付け始めました。

20210531_123821-s