ブログ

ショッピングサイトはしばらくお休みします

担当者が長期不在のため、2016年8月10日~9月10日までの間、ショッピングサイトの受注業務を中止させて頂きます。 システム上ご注文は出来てしまいますが、受付及び発送は9月10日以降となります。 また、この期間はサイトの更新作業も停止致します。 ご不便をおか […]

Salon de Ginza 宇詠多ひかり教室展のおしらせ

2016年7月26日(火)~27日(水) 11:00~18:00(最終日 17:00) 【会場】 第一ホテル東京4F フローラ・コスモス 東京都新橋1-2-6 <アクセス> JR・東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線 新橋駅より地下歩道に直結7番出口 […]

カラヴァッジョとキングクリムゾン

カラヴァッッジョ展、見に行きました! 看板になっている作品はご存知「バッカス」と「果物籠を持つ少年」で、私も既にTVや画集で何度も見ていました。が、今回生作品を見て自分でも意外な感覚を覚えました。 私のプログレ狂は既に書きましたが、そのプログレの先駆であり、そ […]

イタリア的グロテスク

今、国立西洋美術館でカラヴァッジョ展が開催されていることはご存知ですよね? 既にご覧になった方も多いかと思います。私はまだですが、絶対行きたいと思っています。 私はイタリア人の友達がいるでもなく、イタリア語が出来るわけでもありません。 かの地には何度となく訪れ […]

映画「イヴ・サンローラン」の続き

ギヨーム・ガリエンヌはフランスで最も由緒あるパリの王立劇団コメデイー・フランセーズの舞台俳優です。 ちなみにサンローランを演じた役者も同じコメデイー・フランセーズの若手俳優です。 このギヨーム・ガリエンヌは2014年、邦題「不機嫌なママにメルシイ!」でセザール […]

映画「イヴ・サンローラン」

去年の年末、ちょうど私が映画「イヴ・サンローラン」を始めて映画館で観た日の一年後、アマゾンで入手した 「Lettres a Yves」の和訳に取り掛かりました。 これはピエール・ベルジェがサンローランの葬儀のときに彼に贈った言葉から始まり、日記形式で都度自分の […]

映画「サンローラン」について

2014年制作されたベルトラン・ボネロ監督のこの映画は日本ではつい先ごろ公開されました。 映画「イヴ・サンローラン」との比較の意味で忙しい合間を縫って観に行きました。 結果は、去年観た「パガニーニ」と匹敵する位、最低最悪の映画でした! 舞台を、既に名声を不動の […]

イヴ・サンローランの話 続き

イヴ・サンローランは弱冠21歳にしてモード界のドン、デイオール氏にその才能を認められ、彼の死後、後継者として華々しいデビューを飾りますが、兵役による神経衰弱で入院、それが理由でデイオール社から解雇されてしまいます。 サンローランと恋に落ちたピエール・ベルジェは […]

イヴ・サンローランの話

ちょうど1年前の暮れも押し迫った29日、仕事収め後の恒例となっている映画鑑賞で何気なく観たJalil Lespert監督のYVE SAINTLAURENTとの出会いはあまりにも衝撃的でした。 次の日も、そして正月にも掛かっている映画館を探して朝から夜まで入り浸 […]

<新講座のご案内>

《L’objet du Musee》 美術品と呼ぶにふさわしい、究極の逸品を描いてみませんか? 丁寧なステップバイステップのインストラクションとマンツーマン指導でそんな夢の作品がお手作り頂けます。 ぜひこの機会をお見逃しなく! 初回はAnne Va […]